• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

日産カップ追浜チャンピオンシップ

日産カップ追浜チャンピオンシップ
日産カップ追浜チャンピオンシップ

【WG①②】

日時 2017年12月1日(金)~3日(日)
場所 日産自動車追浜工場内 及びGRANDRIVE(グランドライブ)、
近隣道路及び施設(神奈川県横須賀市)
主催 日産カップ大会実行委員会 共催:関東パラ陸上競技協会
来場者数 約2,500人
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくるとともに、障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

追浜工場が地域との共催で行っている、全国レベルの本格的な車いすマラソン大会「日産カップ追浜チャンピオンシップ」。コースとしてグランドライブを提供しているほか、500名の社員ボランティアが大会をサポートしています。

 

1日目:地元の小学校を対象に「車いす体験交流会」を開催。参加選手を講師に招き、多種多様な講義をしていただくと共に、車いすの実車体験を通して障がい者の生活から競技スポーツに至るまでを学ぶプログラムを実施。

 

2日目:2.5km、5km、10kmの記録会を実施。これは、障がいのある人も障がいのない人も分け隔てなくレースに参加する事が出来る、日本でも珍しい記録会。

 

3日目:パラリンピック日本代表選手を含む国内トップレベルの選手が出場し、追浜駅前を発着点としたロードレースを開催。

 

全国各地に、健常者・障がい者・高齢者などすべての人がスポーツを楽しむことができる場所が溢れ、アスリートや指導者と出会う機会にも恵まれている。また、障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

日産自動車

協議会からの
参加者
500名
参考URL https://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/NISSANCUP/