• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

日本知的障害者選手権水泳競技大会への応援観戦

日本知的障害者選手権水泳競技大会への応援観戦
日本知的障害者選手権水泳競技大会への応援観戦

【WG②】

日時 2018年6月10日(日)
場所 横浜国際プール(神奈川県横浜市)
主催 日本知的障害者水泳連盟
来場者数 300名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

2018年6月10日(日)「第21回日本知的障害者選手権水泳競技大会」が横浜国際プールで開催され、あいおいニッセイ同和損保所属の宮崎哲選手(北海道支店)・中島啓智選手(千葉北支店)が出場しました。

本大会にはあいおいニッセイ同和損保も協賛しており、85名の社員が応援に駆けつけ、選手にエールを送りました。

 

社員の応援を力に、両選手は好成績を収めました。

中島選手は50m自由形、100m自由形、100mバタフライに出場し、全種目で優勝を果たしました。

 【中島啓智選手 記録】

 ・50m自由形 26秒75(大会新)優勝

 ・100m自由形 55秒00 優勝

 ・100mバタフライ 58秒83 優勝

 

宮崎選手は100m自由形、100mバタフライに出場し、両種目3位と健闘しました。

 【宮崎哲選手 記録】

 ・100m自由形 56秒14 3位

 ・100mバタフライ 1分00秒35 3位

 

<参加した社員からの感想>

●「娘と一緒に参加させていただきました。娘が先日、学校で障がい者スポーツについて学習してきたばかりだったので大変良い機会になったと思います。当日は、両選手とも素晴らしい泳ぎで記録を更新し感激しました。また機会があれば応援に参加したいと思います」

●「中島選手、宮崎選手の名前は知っていましたが、こんなにすごい活躍をされていることを目の当たりにできて、当社の社員ががんばっていることに感動と誇りを感じました。写真撮影の際に両選手から応援への感謝の言葉があり、間近で声を聴くことができてとても嬉しかったです。これからももっと応援していきたいと思いました」

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

あいおいニッセイ同和損保

協議会からの
参加者
85名
参考URL https://www.challenge-support.com/eventreport/185/