• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

新座市「もぐもぐアートフェス」でのブラインドサッカー体験会

新座市「もぐもぐアートフェス」でのブラインドサッカー体験会
新座市「もぐもぐアートフェス」でのブラインドサッカー体験会

【WG②】

日時 2018年11月3日(土) 10:00~15:00
場所 ふるさと広場(ふるさと新座館前芝生広場) (埼玉県新座市)
主催 新座市商工会青年部
来場者数 約2,800名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

新座市商工会青年部主催の福祉イベントで、「障害のある人も、同じように社会で活躍できる」ということを印象的に発信し、イベントの来場者が障がい福祉に対する意識を変えていくことで、それぞれがその力を活かせる社会の実現に寄与するという目的のもと、開催されているイベント。

 

経済界協議会では、東京2020大会の啓発およびパラリンピック競技の体験を行うことでパラスポーツの普及・啓発に寄与するため、会場内のいろいろ体験エリアにてブラインドサッカー体験会を実施し、子供たちを中心にアイマスクをしてのドリブル体験を行いました。

 

ドリブルのレーンは2レーン用意し、他のブースにボールが飛んでいかないよう配慮しました。

イベントへボランティアとして参加していた、大学生2名を含む6名で対応。

家族連れが絶えることなく来場し、時間内で145名が体験しました。

天気にも恵まれたこともあり、イベント全体も体験ブースも終始にぎわいました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

SMBC信託銀行

協議会からの
参加者
4名
参考URL http://niiza-impulse.com/