• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

平成30年度「はじめてのタグラグビー教室」

平成30年度「はじめてのタグラグビー教室」
平成30年度「はじめてのタグラグビー教室」

【WG①】

日時 2018年6月4日(月)・11日(月)・18日(月)・27日(水)
場所 森町立森小学校、森町立宮園小学校、

森町立飯田小学校、森町立三倉小学校(すべて静岡県周智郡)

主催 ヤマハ発動機スポーツ振興財団
来場者数 274名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

「はじめてのタグラグビー教室」は、運動が得意な子も苦手な子も楽しく体を動かすきっかけとなることを目的としたスポーツ体験事業です。ヤマハ発動機スポーツ推進グループの協力のもと、直接指導が可能な近隣の市町の小学校で、はじめてタグラグビーに取り組む小学生や教員を対象に開催しています(教材提供+直接指導)。

 

平成30年度は全5校で実施予定で、6月にその内の4校にて実施しました。

授業では、タグボールやタグを使ったレクリエーションを楽しみました。

2019年のラグビーワールドカップでは、隣町の袋井市のエコパスタジアムを会場とする日本代表の試合も近づき、子どもたちの意識も高まってきているようです。

 

日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。―多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします。

 

<参加企業>

ヤマハ発動機、ヤマハ発動機スポーツ振興財団

協議会からの
参加者
3名
参考URL http://www.ymfs.jp/project/support/supply/tagrugby/h30/