• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

「スポーツ祭り2017」での食育イベント開催

「スポーツ祭り2017」での食育イベント開催
「スポーツ祭り2017」での食育イベント開催

【WG①】

日時 2017年10月9日(月・祝)
場所 味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)
主催 スポーツ庁、日本スポーツ振興センター、日本体育協会、日本オリンピック委員会、日本レクリエーション協会、日本障がい者スポーツ協会、日本オリンピアンズ協会、日本パラリンピアンズ協会、読売新聞社
来場者数 約17,000名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

トップアスリートと共にスポーツに親しむ「中央記念行事 スポーツ祭り2017」が開催され、協賛3団体の内の1社として、スポーツ栄養プログラム「勝ち飯®」教室をはじめ、リオオリンピック2016陸上日本代表の衛藤選手によるジャンプ教室、「勝ち飯®」をつくってみよう企画、味の素社のスポーツ支援活動紹介ブースを展開しました。

 

「勝ち飯®」教室
JOCエリートアカデミーに所属する卓球の張本智和選手、長﨑美柚選手をゲストに迎え、管理栄養士で北京オリンピック2008競泳日本代表の柴田隆一さんの「勝ち飯®」教室を開催。21組42人の親子が参加し、勝つためになりたいカラダをつくる「勝ち飯®」について学びました。

 

「勝ち飯®」をつくってみよう企画の参加者は、「主食」「主菜」「副菜」「汁物」「乳製品」を用意されたシールから選んで台紙に貼り、自分の「勝ち飯®」を作ることで、栄養や食のバランスを学びました。

 
日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。−多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします。
 
<参加企業>
味の素

協議会からの
参加者
参考URL https://www.ajinomoto.co.jp/sports/events/201710sportsmatsuri/