• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

市川市立宮田小学校でのパラアスリートによる講演会

市川市立宮田小学校でのパラアスリートによる講演会
市川市立宮田小学校でのパラアスリートによる講演会

【WG②】

日時 2017年11月30日(木)
場所 千葉県市川市立宮田小学校
主催 市川市
来場者数 約120名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

11月30日(木)に千葉県市川市立宮田小学校にて企業アスリートによる講演会、体験授業を行いました。

 

経済界協議会から、あいおいニッセイ同和損害保険に所属のデフサッカー日本代表 松元卓巳選手、松本弘選手、女子サッカー 横山亜依選手、成宮 唯選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)が講師として参加し、児童と交流を深めました。

 

第一部 講演会 対象:5・6年生 約120名
デフサッカーとサッカーの違いや、選手自身の経験談から「あきらめずに努力することの大切さ」、「夢を持つことの素晴らしさ」、を伝え、児童は熱心に話を聞き、終了後には「一番感謝したい人は?」「今まで諦めないで良かったことは?」等、多くの質問が寄せられました。

 

第二部 体験授業 対象:6年生 2クラス
サッカーを通じて、「相手を思いやることの大切さ」を学び、一緒にサッカーをすることで、選手がとても身近な存在となりました。

 
日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。−多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします。

 
<参加企業>
あいおいニッセイ同和損保、NEC

協議会からの
参加者
9名
参考URL http://jdfa.jp/