• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

川越市立川越西中学校でのパラアスリートによる講演会

【WG②】

日時 2017年12月14日(木)
場所 埼玉県川越市立川越西中学校
主催 川越市
来場者数 約110名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 
川越市立川越西中学校では昨年度から「自らの意思と能力で自らの道を切り拓く生徒の育成~人権教育と道徳教育の充実を通して~」という研修主題で研究を進めています。2年目となる今年度はスポーツという身近なテーマを通じて、生徒が障害者支援やボランティア活動に関心を持ち、更に人権問題の一つとして捉えられることを望み、講演会を実施します。

 
経済界協議会からは、講演会の講師としてあいおいニッセイ同和損害保険に所属の車いすバスケット 三宅克己選手(パラリンピック3大会出場)、立川光樹選手(2017強化指定選手)を派遣します。

 
講演会では中学校3年生を対象に「パラスポーツを通じた共生社会の実現」をテーマに障害者支援やパラリピックについて理解を深めるとともに、実際の選手によるデモンストレーションや競技の体験を行う予定です。講演会の最後にはさいたま地方法務局による人権教育に関するお話をしていただきます。

 
すべての人がスポーツを楽しむことができる日本を一緒に目指しましょう!多くの皆様のご支援をよろしくお願いします!

 

<参加企業(予定)>
あいおいニッセイ同和損保、NEC

協議会からの
参加者
参考URL https://www.jwbf.gr.jp/