• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

小学校向け 校外学習型体験会

小学校向け 校外学習型体験会
小学校向け 校外学習型体験会

【WG②③】

日時 2017年12月、2018年2月
場所 新豊洲Brilliaランニングスタジアム(東京都江東区)
主催 東京ガス
来場者数 約230名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

「校外学習型体験会 東京ガスのユニバーサルチャレンジ」は小学4~6年生を対象に、車いす・アイマスクや障がい者スポーツを実際に体験してもらい、障がいの理解・関心を高めることを目的に、新豊洲Brilliaランニングスタジアムで開催しています。
陸上競技施設で実際に小学生に障がい者スポーツに触れてもらうことで、より楽しく、障がい者スポーツの難しさや面白さを体感いただいています。
ミニトークライブでは、障がい者アスリートをゲストに招きミニ講演会を実施し、リアルな言葉を聞くことで、障がい者への理解を高めています。
また、障がいの体験では、自分とは違う暮らしを感じ、他者への思いやりや配慮等を学ぶ場となっています。
※「東京2020参画プログラム」の公認プログラム(教育)

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
東京ガス

協議会からの
参加者
参考URL