• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

富山地方法務局 人権教室でのボッチャ体験会 at 富山市立小見小学校

富山地方法務局 人権教室でのボッチャ体験会 at 富山市立小見小学校
富山地方法務局 人権教室でのボッチャ体験会 at 富山市立小見小学校

【WG②③】

日時 2018年9月26日(水)
場所 富山市立小見小学校(富山県富山市)
主催 富山地方法務局
来場者数 18名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

9月26日に富山市立小見小学校で開催された人権教室にて、富山市在住で

リオパラリンピック ボッチャ銀メダリストの藤井友里子選手をお招きしたボッチャ体験会が実施されました。

 

経済界協議会では、パラスポーツの普及を目的に、ボッチャ体験会の運営サポートを行いました。体験会では藤井選手よりボッチャについてお話ししていただいた後に、チームに分かれて、フラフープを使ったレクリエーション形式と実際の競技形式でボッチャの試合を行いました。

 

児童の皆さんは初めてのボッチャ体験に興味津々で、チームのメンバーと作戦を話し合いながらボールを投げ、ボールが的の近くに行くと大きな歓声が上がっていました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

JAL、NEC

協議会からの
参加者
3名
参考URL