• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

宮崎県延岡市 小中高向けのアスリート育成事業

宮崎県延岡市 小中高向けのアスリート育成事業
宮崎県延岡市 小中高向けのアスリート育成事業

【WG②】

日時 2018年12月9日(日)
場所 延岡市西階陸上競技場(宮崎県延岡市)
主催 延岡市教育委員会
来場者数 211名
実施概要

障がい者アスリートによる講演、技術指導および交流により、心のバリアフリーを体感し、夢を諦めないことの大事さを学ぶことを狙いとしたプログラム。

 

「チームのべおか小中高連携アスリート育成事業」の一環として陸上競技を通じた相互交流、競技力向上、指導者の資質向上を狙いとして開催。とりわけ、今回はパラアスリートによる講演・指導を盛り込み、障がい者スポーツと触れ合う機会としています。

 

経済界協議会から、パラ陸上 白砂匠傭選手(あいおいニッセイ同和損害保険所属)が講師として招かれました。

 

当日は、1つめのセッションとして白砂選手の講演が短時間行われました。

自身の障がいに関する説明、パラ陸上との向き合い方、努力を続けることの大事さなどについて講演を行ない、参加した生徒、関係者は熱心に耳を傾けていました。また、競技で使用する義手を実際に手に取り、初めての感覚に一喜一憂する生徒の姿が印象的でした。

 

2つめのセッションでは陸上競技の技術指導が行われ、白砂選手が行っているアップやストレッチの方法を伝えるとともに、正しい身体運動による走り方教室を行いました。

 

3つめのセッションでは、白砂選手の専門種目である投てき種目のうち、砲丸投げのデモンストレーションと体験が行われ、初めて投てきを体験する生徒たちは大きな歓声をあげて参加していました。

 

このイベントは延岡市主催で開催され、当日は生徒160名ほか、指導者等合計211名の参加により活気の溢れるイベントとなりました。

参加した子どもたちからは「障がいがあってもなくても走るコツは同じだとわかりました。教えてもらったことをこれから実践し、生かしていきたい」との声が多くありました。

 

全国各地に、健常者・障がい者・高齢者などすべての人がスポーツを楽しむことができる場所が溢れ、アスリートや指導者と出会う機会にも恵まれている。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

あいおいニッセイ同和損保

協議会からの
参加者
2名
参考URL http://www.the-miyanichi.co.jp/chiiki/category_3/_35993.html