• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

宇都宮地方法務局 人権教室での車いすバスケ体験会 at 栃木県内中学校

宇都宮地方法務局 人権教室での車いすバスケ体験会 at 栃木県内中学校
宇都宮地方法務局 人権教室での車いすバスケ体験会 at 栃木県内中学校

【WG②】

日時 2018年10月23日(火) 13:15~14:55
場所 栃木県上三川町立明治中学校(栃木県河内郡)
主催 宇都宮地方法務局
来場者数 150名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

栃木県上三川町立明治中学校で、3年生を対象に人権教室の中で車いすバスケ体験会を実施しました。

 

地元「栃木レイカーズ」の選手お二人を講師としてお招きし、楽しい体験ができました。

校長先生にも飛び入り参加いただき、大いに盛り上がりました。

また、栃木県車椅子バスケ協会の佐々木様からは、自らの経験を生徒の皆さんに伝えていただきました。

 

車いすバスケ体験のみならず、講話もいただいたことで、生徒さんたちにとって心に残る良い人権教室になったと感じています。 

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような

未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

大成建設、東京ガス、トヨタ自動車

協議会からの
参加者
4名
参考URL