• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

宇部市 心のバリアフリー 観光まちづくりフォーラム in UBE アスリート派遣、ボッチャ体験

【WG②】

日時 2018年2月17日(土)~18日(日)
場所 宇部市ときわ湖水ホール
主催 宇部市・宇部DMO準備委員会
来場者数 約200名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。
 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に共生社会の実現を推進するために新設された「共生社会ホストタウン」に、山口県宇部市が全国で初めて登録されました。
 
この「共生社会ホストタウン」としてのキックオフイベントとして、「心のバリアフリー 観光まちづくりフォーラム」が開催され、経済界協議会からアスリートの派遣や、ボッチャ体験会の実施を通してイベントを盛り上げます。事前の申し込みは不要、入場無料ですので、是非お気軽にお立ち寄りください!

 

■アスリート派遣
17日は「心のバリフリーによる観光まちづくり」をテーマとしたパネルディスカッションが行われ、パネリストとしてあいおいニッセイ同和損害保険所属のデフサッカー日本代表 松元卓巳選手が参加します。さらに、18日は松元選手による講演会やデフサッカーのデモンストレーションを予定しています!

 

■ボッチャ体験会
18日にはパラリンピック正式競技であるボッチャの体験会を実施します。子どもからお年寄りまで、そして障がいがある人もない人も、みんなが気軽に楽しめるスポーツであるボッチャの体験を通して、多様性を理解し、心のバリアを取り除くきっかけづくりができればと考えています。

 
すべての人がスポーツを楽しむことができる日本を一緒に目指しましょう。多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします!
 

<参加企業(予定)>
あいおいニッセイ同和損保、NEC 他

協議会からの
参加者
参考URL http://ube-sc.jp/upload_contents/event/event_624f590529017abcd5ea60a5608add21.pdf