• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

宇部市内小学校でのパラリンピアン講演、ボッチャ体験会

宇部市内小学校でのパラリンピアン講演、ボッチャ体験会
宇部市内小学校でのパラリンピアン講演、ボッチャ体験会

【WG②】

日時 2018年2月26日(月)・27日(火)
場所 山口県宇部市内小学校(神原小学校、吉部小学校、鵜ノ島小学校)
主催 宇部市、宇部市スポーツコミッション
来場者数 124名(神原小学校44名、吉部小学校24名、鵜ノ島小学校56名)
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくるとともに、障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

山口県宇部市内の小学校3校を訪問し、パラリンピアン講演会、ボッチャ体験会を行いました。

 
■パラリンピアン講演会、デモンストレーション
各校の児童向けに、ウィルチェアラグビー(車いすラグビー)官野一彦選手(リオパラリンピック銅メダリスト、ダッソー・システムズ所属)による講演会を実施しました。
 
講演では、官野さんご自身の障がいのお話から、ウィルチェアラグビーとの出会い、リオのパラリンピックでメダルを獲得するまで、ご自身の経験や想いを織り交ぜながら児童のみなさんにわかりやすくお話しいただきました。官野選手の目標に向かって貪欲に頑張る姿に、多くの児童が励まされた様子で、真剣に話を聞き入っていました。
 
またウィルチェアラグビーの見どころの1つである、車いす同士のぶつかり合いのデモンストレーションを実施した後、一部の児童や先生方に体験してもらいました。車いすが激しくぶつかる音が体育館に響き、その迫力に子どもたちは目を丸くして驚いていました。ウィルチェアラグビーに興味を持ってもらうきっかけを作ることができました。

 

■ボッチャ体験会
子どもたちにも障がい者スポーツを体験してもらうため、パラリンピック正式競技であるボッチャの体験会を実施しました。講演を行った官野選手に加えて、パラバトミントン尾形千笑選手(大成建設所属)も参加して、子どもたちと一緒に戦略を考えながらボッチャを楽しみました。
ほとんどの児童が「ボッチャは初めて」ということでしたが、みなさんすぐにルールを理解し、試合が進むにつれて、どんどん腕を上げていく様子に先生方も驚いていました。体験会中はどのコートからも大きな歓声があがり、終了後には多くの児童が「ボッチャ楽しかった」という感想を寄せてくれました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。—そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
センターポール、大成建設、ダッソー・システムズ、NEC

協議会からの
参加者
6名
参考URL