• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

大阪府トップアスリート小学校ふれあい事業(寝屋川市立西小学校・守口市立八雲小学校)

大阪府トップアスリート小学校ふれあい事業(寝屋川市立西小学校・守口市立八雲小学校)
大阪府トップアスリート小学校ふれあい事業(寝屋川市立西小学校・守口市立八雲小学校)

【WG①】

日時 2017年6月9日(金)
場所 寝屋川市立西小学校(寝屋川市)、守口市立八雲小学校(守口市)
主催 パナソニック
来場者数 寝屋川市立西小学校約69名、守口市立八雲小学校約52名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

パナソニックは大阪府トップアスリート小学校ふれあい事業の一環として、6月9日(金)寝屋川市立西小学校・守口市立八雲小学校にそれぞれ訪問。寝屋川市立西小学校では6年生69名に、守口市立八雲小学校では4年生52名にバレーボール教室を開催しました。渡辺奏吾選手、池田政之選手、伊賀亮平選手の3名と、白澤健児選手、専田和也選手、兒玉康成選手の3名でそれぞれ訪問。
本事業は、小学生がスポーツの素晴らしさや感動を共有するとともに、夢や希望を持ち、運動・スポーツに親しむ態度や習慣を身につけてもらうことを目的としています。

 

<池田政之選手コメント>
暑さにも負けず、元気いっぱいにバレーボールを楽しんでもらいました。経験者の子どももたくさんおり、「バレーボールをこれからする!」と言ってくれた子どもたちもいて、本当にうれしい気持ちになりました。

 

<白澤健児選手コメント>
元気すぎる子どもたちがバレーボールにひたむきに取り組む姿を見て、日ごろの疲れも吹っ飛びました。また、積極的にパスやスパイクのコツを質問してくれて、向上心も高く、楽しくバレーボールをできました。毎年バレーボールをしたことのない子どもたちが「どうやったら楽しんでくれるか」、また「バレーボールをまたやりたい」と思ってもらえるように、試行錯誤しながら活動しています。このふれあい事業から未来のパンサーズのメンバーが現れることを期待しています。

 

日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。−多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします!

 

<参加企業>
パナソニック

協議会からの
参加者
参考URL https://panasonic.co.jp/sports/volleyball/report/2017/170612163900001.html