• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

大分国際車いすマラソン大会での観戦応援

大分国際車いすマラソン大会での観戦応援
大分国際車いすマラソン大会での観戦応援

【WG②】

日時 2018年11月18日
場所 大分県庁前・大分市営陸上競技場周辺(大分県大分市)
主催 大分県、日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会、 日本パラ陸上競技連盟、大分市、大分合同新聞社、 大分県社会福祉協議会、大分県障がい者体育協会
来場者数 約3,000名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

1981年の国際障がい者年を記念して、世界で初めての「車いすだけのマラソンの国際大会」としてスタートした本大会は、以来毎年開催され、世界最大、最高レベルの大会として、国内外から高い評価を受けています。

県庁前からスタートし、ゴール地点である陸上競技場周辺まで、多くの

ランナーに声援を送り、選手を応援するとともに、大会の盛り上げに貢献しました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック

大会では、競技会場を観客で満員にしたい。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

ANA、富士通

協議会からの
参加者
223名
参考URL