• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

国分寺市 国際交流イベント「Bunji Global Forum & Festa 2018」 へ協力、参加

国分寺市 国際交流イベント「Bunji Global Forum & Festa 2018」 へ協力、参加
国分寺市 国際交流イベント「Bunji Global Forum & Festa 2018」 へ協力、参加

【WG①②】

日時 2018年9月8日(土)
場所 都立武蔵国分寺公園(東京都国分寺市)
主催 国分寺青年会議所、国分寺市
来場者数 1,000名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくるとともに、障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

2018年9月8日(土)都立武蔵国分寺公園内にて、国際交流イベント「※Bunji Global Forum & Festa 2018(主催:国分寺青年会議所、国分寺市)」が開催され、松元卓巳選手(デフサッカー日本代表/福岡支店)が「デフサッカー体験会」を行いました。

※国分寺のまちが多文化共生社会へと発展するための運動発信の場としてグルメや遊びといった体験だけでなく学びの場を提供し、大人も子供も一緒に多文化共生について理解を深めてもらえる事業。

 

イベントでは、デフサッカーの魅力を伝えながら、4回の体験会を開催しました。

 

まず、サッカーボールに慣れるため「ドリブル&トラップ」の練習を行ないました。トラップは、松元選手が指示する「身体の部位」をつかってボールを止めます。「あし」「おしり」「せなか」「おなか」と松元選手が〝声”で指示します。

その後、声を出さずに〝ジェスチャー”での指示に切り替えます。音が聞こえない中で仲間とコミュニケーションを取ってプレイする、それが「デフサッカー」の世界である事を子供たちに伝えます。

その後、じゃんけんドリブル競争、ミニゲームなどを行い、最後は手話で「ありがとう」の挨拶を行いました。

 

全ての回で笑顔あふれる体験会となりました。

 

全国各地に、健常者・障がい者・高齢者などすべての人がスポーツを楽しむことができる場所が溢れ、アスリートや指導者と出会う機会にも恵まれている。また、障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

あいおいニッセイ同和損保

協議会からの
参加者
7名
参考URL https://www.challenge-support.com/eventreport/196/