• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

和歌山法務局人権教室でのパラアスリート講演、車いすバスケ体験会 at 有田川町立金屋中学校

和歌山法務局人権教室でのパラアスリート講演、車いすバスケ体験会 at 有田川町立金屋中学校
和歌山法務局人権教室でのパラアスリート講演、車いすバスケ体験会 at 有田川町立金屋中学校

【WG②,③】

日時 7月4日(火)11:45〜12:35
場所 和歌山県有田川町立金屋中学校(和歌山県有田郡)
主催 和歌山法務局
来場者数 150名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

和歌山法務局主催の人権教室とのコラボ企画として、有田川町立金屋中学校の全校生徒に、パラアスリート(車いすバスケ)の講演会と、車いすバスケ体験会を開催しました。
講演をいただいたのは、車いすバスケの名門「クラブ東海」で活躍中の山田正人選手。「目標が見つかれば、障がいがあるとかないとかは関係ない!」という力強いメッセージを生徒たちに伝えました。その後、生徒たちに車いすバスケを体験してもらい、競技用車いすを使いシュートをすることの難しさに、生徒たちは驚いていました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
トヨタ自動車

協議会からの
参加者
3名
参考URL