• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

名古屋法務局 人権教室での車いすバスケ体験会 at 愛知県名古屋市内小学校

名古屋法務局 人権教室での車いすバスケ体験会 at 愛知県名古屋市内小学校
名古屋法務局 人権教室での車いすバスケ体験会 at 愛知県名古屋市内小学校

【WG②③】

日時 2019年2月22日(金) 13:00~15:30
場所 愛知県名古屋市内小学校(愛知県名古屋市)
主催 名古屋法務局
来場者数 80名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

名古屋法務局様主催の人権教室の中で愛知県車いすバスケ協会所属の2名の選手に指導をいただき、名古屋市立南押切小学校4~6年生の生徒を対象とした車いすバスケ体験会を開催しました。

 

初めての競技に生徒たちは戸惑っていましたが、時間の経過とともに車いすを自在に操り、パスやシュートができるようになり、試合では上級生が下級生をフォローしあうという場面が何度も見られ、大いに盛り上がる体験会となりました。

体験後は選手への質疑応答や、人権擁護委員の先生から講話もいただいたことで、生徒にとって心に残る良い人権教室になったと感じています。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

トヨタ自動車

協議会からの
参加者
1名
参考URL