• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

名古屋市西区「フレンド・ふくし・フェスティバル」でのボッチャ・盲人卓球・フライングディスク体験運営スタッフ派遣

名古屋市西区「フレンド・ふくし・フェスティバル」でのボッチャ・盲人卓球・フライングディスク体験運営スタッフ派遣
名古屋市西区「フレンド・ふくし・フェスティバル」でのボッチャ・盲人卓球・フライングディスク体験運営スタッフ派遣

【WG②】

日時 2018年12月8日(土)
場所 名古屋市西区役所(名古屋市西区)
主催 名古屋市西区役所、西区自立支援連絡協議会
来場者数 約1,000名
実施概要

障がい者スポーツを通して体験することで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

2018年12月8日(土)に西区フレンド・ふくし・フェスティバルが開催されました。

 

当日は経済界協議会参加の各企業の社員29名がボッチャ・盲人卓球・

フライングディスク体験ブースの運営スタッフとして、会場準備、ブース運営を担当し、円滑な運営をご支援しました。

 

西区の小学生に広く告知された本イベントは、すごろく形式で障がい者支援、障がい者スポーツを体験できるもので、当日は1,000名を超える来場があり、大変な盛り上がりとなりました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

東京海上日動、トヨタ自動車

協議会からの
参加者
29名
参考URL