• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

北九州2018ワールドパラパワーリフティング アジア-オセアニアオープン選手権大会での観戦応援

北九州2018ワールドパラパワーリフティング アジア-オセアニアオープン選手権大会での観戦応援
北九州2018ワールドパラパワーリフティング アジア-オセアニアオープン選手権大会での観戦応援

【WG②】

日時 2018年9月8日(土)~12日(水)
場所 北九州芸術劇場(福岡県北九州市)
主催 ワールドパラパワーリフティング、日本パラ・パワーリフティング連盟
来場者数
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

日本で初めての開催となる、パラ・パワーリフティング国際大会!

東京2020に参加するための条件として、アジア地域並びにオセアニア地域に在住する選手には、参加が必須となっているこの大会。一方、オープン選手権であるため、希望すれば他地域からの参加も可能です。この大会で出された記録は、東京パラリンピックランキングに掲載され、選手選考にとって非常に重要な位置付けとなっています。

 

パラ・パワーリフティングとは・・・

下肢に障害のある選手のベンチプレス競技。

障がい別のクラス分けはなく体重の区分だけで戦う、腕力だけの勝負が

魅力!

努力や想いがバーベルを胸まで下して拳上する、わずか3秒、距離にして

50センチほどに凝縮されたドラマチック競技だ!

 

パナソニックでは、大会盛り上げのための演出にも協力し、選手を応援しました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

ANA、パナソニック

協議会からの
参加者
31名
参考URL http://jppf.jp/index/page/id/177