• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

伊豆の国市 駅伝大会へのアスリート派遣、ボッチャ体験、食育教室

伊豆の国市 駅伝大会へのアスリート派遣、ボッチャ体験、食育教室
伊豆の国市 駅伝大会へのアスリート派遣、ボッチャ体験、食育教室

【WG①②】

日時 2018年1月28日(日) 8:00~13:00
場所 韮山時代劇場 他(静岡県伊豆の国市)
主催 伊豆の国市、市教育委員会、市体育協会
来場者数 約400名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

13回目を数える伊豆の国市駅伝大会。狩野川沿いの6区間・全長13.35kmのコースで、スタート・ゴール地点は韮山時代劇場前です。経済界協議会からはゲストランナーの派遣や各種イベントを実施し、大会を盛り上げました。

 

■アスリート派遣、アスリートとの座談会
ロンドン/リオオリンピックの陸上やり投げ競技に出場した海老原有希選手(スズキ浜松AC)をゲストアスリートに迎え、駅伝コース上での応援や座談会を実施しました。座談会では、海老原選手のこれまでのアスリートとしての国内外でのご経験を伝えていただきました。また、小中学生やランナー、指導者からは、技術的な質問やアスリートとして大切にしていたことなど数多くの質問が飛び交い大盛況でした。

 

■食育セミナー
「パワー!ひとくちの力~すすんで運動、しっかり食べよう~」をテーマに、運動をする上での食事の重要性、バランスの良い食事のとり方を小学生53名、保護者20名に学んでいただきました。わくわく体験の「乳の変化を楽しもう」では、牛乳がとろりと変化する様子を観察してから、カルシウム、たんぱく質、糖質、ビタミンCをしっかり補給してもらいました。

 

■ボッチャ体験会
ボッチャ体験会は伊豆の国市役所からも3名の方に運営にご協力いただき、駅伝大会に参加した選手など約100名に体験してもらいました。子どもから大人まで、多くの方にパラスポーツへの理解を促進することができました。ボッチャは初めて体験する方が大多数でしたが、伊豆の国市では類似の球技である「ペタンク」がさかんな様子で、皆さんすぐにコツを掴まれて楽しく体験していました。
 

全国各地に、健常者・障がい者・高齢者などすべての人がスポーツを楽しむことができる場所が溢れ、アスリートや指導者と出会う機会にも恵まれている。—そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
アスリート派遣:アシックス、スズキ、富士通
食育教室:明治
ボッチャ体験会:ブリヂストン、JAL

協議会からの
参加者
10名
参考URL http://www.city.izunokuni.shizuoka.jp/sports/manabi/sports/event/dai13kaiekidenntaikai.html