• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

企業所属アスリート派遣による「障がい者スポーツ体験会・座談会」

企業所属アスリート派遣による「障がい者スポーツ体験会・座談会」
企業所属アスリート派遣による「障がい者スポーツ体験会・座談会」

【WG②】

日時 2017年7月14日(金)10:50〜14:40
場所 神戸市立義務教育学校 港島学園(神戸市)
主催 神戸市教育委員会、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会他
来場者数 約180名(一部:中学1年生81名、二部:小学4年生98名)
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

神戸市立港島学園の中学1年生・小学4年生が参加する授業に、三井住友フィナンシャルグループ(SMBC日興証券)より、障がい者アスリート福家育美選手(車いすバトミントン)を派遣。体験会・座談会を実施しました。

 

体験会では福家選手とコーチによるデモンストレーションや、生徒との打ち合い体験・生徒による車いす乗車体験を実施。生徒たちはアスリートの技術を目の当たりにするとともに、車いすを利用する障がい者への理解を深めました。

 

座談会では福家選手から生徒たちに「目標を持つことの大切さ」「障がいの有無に関わらず、前向きに努力することの素晴らしさ」「支えてくれる周囲の人への感謝の気持ちを持つことの大切さ」等を伝えました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
SMBC日興証券、三井住友銀行

協議会からの
参加者
6名
参考URL