• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

企業対抗あすチャレ!® 運動会in TOKYO 2017

企業対抗あすチャレ!® 運動会in TOKYO 2017
企業対抗あすチャレ!® 運動会in TOKYO 2017

【WG②】

日時 2017年8月5日(土)
場所 日本体育大学世田谷キャンパス(東京都世田谷区)
主催 日本財団パラリンピックサポートセンター(協賛:JTB)
来場者数 300名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

パラスポーツの普及及び共生社会の実現への貢献を目的に、パラリンピックの正式競技やオリジナルのパラスポーツ(ポートボール、ボッチャ、シッティングバレーボール、ゴールボール、車いすリレー)を活用した企業対抗運動会を実施しました。

 

16企業から約300名が参加し、パラスポーツ体験から生まれる様々な気づきを通じて、楽しみながら障がいに対する理解を深めることができました。また、各企業内のチームビルディングや社内コミュニケーションの促進を図ることができました。

 

JTBは、東京2020パラリンピックに向けて、パラスポーツの理解促進とパラスポーツファンの拡大をより一層図っていくために、障がい者と健常者の間の垣根をなくす様々な取り組みを推進していきます。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
アシックスジャパン、近畿日本ツーリスト、JXTGエネルギー、JTB、
ANA、凸版印刷、JAL、NTT、野村ホールディングス、
パナソニック

協議会からの
参加者
参考URL https://www.jtbcorp.jp/jp/tokyo2020/