• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

三菱自動車&浦和レッズ サッカーフェスティバル in まび

三菱自動車&浦和レッズ サッカーフェスティバル in まび
三菱自動車&浦和レッズ サッカーフェスティバル in まび

【WG①⑥】

日時 2019年1月13日(日)
場所 真備総合公園野球場(岡山県倉敷市)
主催 三菱自動車工業
来場者数 158名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

三菱自動車では「西日本豪雨被災地支援」の一環として浦和レッズにもご協力頂き、倉敷市真備町にてサッカー教室を開催し被災された皆様を激励しました。

 

三菱自動車水島FCの選手・スタッフ16名に加え、浦和レッズから柏木陽介選手、宇賀神友弥選手、森脇良太選手とハートフルコーチの宮沢克行氏の

4名がコーチとなり子供達とサッカーを通じてふれ合いました。

 

午前は幼児(4~6歳の未就学児)を対象にした『親子ふれあいサッカー』を実施し31組62名の親子が参加しました。鬼ごっこなどで身体を温めた後、柏木、宇賀神、森脇3選手によるデモンストレーションを組み込みながら指導し、最後は選手たちも混ざってミニゲームを行いました。

 

午後は小学生を対象に『サッカー教室』を実施し、96名の子供たちが参加されました。参加者のみなさんの頭上に浮き球のパスを通すデモンストレーションでは、一球蹴るごとに大きな歓声が上がり、プロの技術を目の当たりにして興奮を隠せない様子でした。

 

最後のミニゲームではゴールが決まった際にハイタッチをして、選手たちと参加者が笑顔でコミュニケーションをとる場面があちこちで見受けられました。終了後は浦和レッズ選手のサインや写真撮影を参加者全員と行い、思い出を形にも残して『三菱自動車&浦和レッズ サッカーフェスティバルinまび』は終了致しました。

 

日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。-多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします。

 

<参加企業>

三菱自動車工業

協議会からの
参加者
16名
参考URL http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics