• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

三沢市 日米スポーツデーでのブラインドサッカー体験会

三沢市 日米スポーツデーでのブラインドサッカー体験会
三沢市 日米スポーツデーでのブラインドサッカー体験会

【WG②】

日時 2017年4月22日(土)9:00〜14:00
場所 三沢市中央公園(三沢市)
主催 三井住友銀行、NEC
来場者数 約300名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

4月22日(土)青森県三沢市中央公園にて、今年で2回目となる「三沢日米ジュニアスポーツデー」が開催。天候にも恵まれ、満開の桜の下、アメリカ人の子どもたちと日本人の子どもたちが一緒になって、ラジオ体操や綱引き、二人三脚、玉入れ等のスポーツを通して、交流を深めました。
経済界協議会では三沢市にご協力いただき、パラスポーツ(ブラインドサッカー)の体験ブースを設置。日米の子どもたちやご家族連れなど約80名の方に、目隠しをして、相手の声だけを頼りに、的に向かってドリブルしてボールを蹴って当てる体験をしていただきました。目が見えるときは簡単にできることが、目隠しした途端に難しくなることを実感していただきました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
公盛テック、JAL、NEC、三井住友銀行

協議会からの
参加者
8名
参考URL