• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ユニバーサルについて考えるイベント
「ユニバーサルってなーに?」の開催

ユニバーサルについて考えるイベント<br />「ユニバーサルってなーに?」の開催
ユニバーサルについて考えるイベント<br />「ユニバーサルってなーに?」の開催

【WG②③】

日時 2017年8月26日(土)・27日(日)
場所 がすてなーにガスの科学館(東京都江東区)
主催 東京ガス
来場者数 約1,600名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

子どもたちと一緒に「ユニバーサル」について考えるイベントを開催しました。
車いすやアイマスクでの障がい体験、障がい者スポーツ体験、ユニバーサルクイズラリーなどを実施。障がい体験では、日常の中で何気なくやっていることが身体の障がいによって何ができて何ができないのかを体験を通じて考えてもらいました。

 

屋外の特設ブースでは、多くのお客様に車いすバスケットボール、視覚障がい者5人制サッカー、伴走マラソンなどの障がい者スポーツを体験していただきました。

 

また、子供記者体験では、13人の子供たちがスポーツ記者になって、オリンピアン・パラリンピアンの皆さんとともに障がい者スポーツやアイマスク体験をしながら体当たりの取材を実施。知恵を絞ってインタビュー記事を書き上げていました。

 

ユニバーサルクイズラリーでは、がすてなーに館内4箇所に散りばめられた様々な「ユニバーサル」を探索。身近にこんなにもユニバーサルな考え方が溢れているのかと気がつくきっかけとなりました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
東京ガス

協議会からの
参加者
参考URL https://www.tokyo-gas-2020.jp/event/event003-170826.html