• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

パラリンピック競技の観戦応援

パラリンピック競技の観戦応援
パラリンピック競技の観戦応援

【WG②】

日時 2018年5月~9月
場所 各大会の実施会場
主催 キヤノン
来場者数 約250名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、アスリートを応援し、競技への理解を深めることを目的として、国内におけるパラリンピック競技の大会観戦を行っています。

2018年上期には、下記大会を観戦し、社員とその家族約250名が参加しました。

 

【観戦応援イベント】(★は経済界協議会で観戦対象としている大会)

①2018 ITU世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会 エリートパラ

 トライアスロン競技 (5月12日、横浜市山下公園周辺特設会場)

 

②★2018ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会

 (5月27日、千葉ポートアリーナ)

 

③★三菱電機WORLDCHALLENGE CUP 2018

 (6月9日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

  

④World Para Swimming公認 2018ジャパンパラ水泳競技大会

 (9月22日、横浜国際プール) 

 

⑤★ヒューリック・ダイハツ JAPAN パラバドミントン国際大会 2018

 (9月30日、町田市立総合体育館)

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

キヤノン

協議会からの
参加者
約250名
参考URL