• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

パナソニック パンサーズ バレーボール教室 in Mito

パナソニック パンサーズ バレーボール教室 in Mito
パナソニック パンサーズ バレーボール教室 in Mito

【WG①】

日時 2017年6月4日(日)
場所 水戸市総合体育館(水戸市)
主催 パナソニック
来場者数 約230名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

パナソニック パンサーズは、6月4日(日)に茨城県水戸市内の中学生約230名にバレーボール教室を実施。スタッフ4名、選手11名が参加しました。

 

<派遣スタッフ、選手>

■スタッフ:川村慎二監督、古田博幸コーチ、行武広貴アナリスト、山本拓矢マネージャー

■選手:清水邦広選手、山添信也選手、渡辺奏吾選手、白澤健児選手、今村貴彦選手、池田政之選手、専田和也選手、田城貴之選手、福澤達哉選手、永野健選手、合田心平選手

 

開講式でスタッフ、選手が自己紹介をした後に教室がスタート。
全員でストレッチや、ボールを使ったウォーミングアップを行い、バレーボールの基本であるパスやレシーブを指導しました。選手たちがスパイクやレシーブのデモンストレーションを披露すると、大きな歓声が起こりました。また、選手のアタックをレシーブする体験コーナーを設けると、子どもたちは積極的にチャレンジ。教室の最後に行った選手とのミニゲームでは、選手たちも子どもたちと一緒になって、バレーボール教室を楽しんでいました。

 

日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。−多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします!

 

<参加企業>
パナソニック

協議会からの
参加者
参考URL https://panasonic.co.jp/sports/volleyball/report/2017/170609115200001.html