• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

スポーツフェスティバル2017でのブラインドサッカー体験会

スポーツフェスティバル2017でのブラインドサッカー体験会
スポーツフェスティバル2017でのブラインドサッカー体験会

【WG②】

日時 2017年5月28日(日)
場所 熊谷スポーツ文化公園(熊谷市)、彩の国くまがやドーム(熊谷市)、他
主催 埼玉県、埼玉県教育委員会、(公財)埼玉県体育協会、他
来場者数
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

<概要>
5月28日(日)に熊谷スポーツ文化公園、彩の国くまがやドーム、他にて「スポーツフェスティバル2017」が開催。インディアカやスナッグゴルフ等のニュースポーツを体験できるコーナーやB級グルメブースも数多く出店し、家族連れ等多くの人で賑わいました。

 

<経済界協議会の取り組み>
日本ブラインドサッカー協会様がパラスポーツ体験ブースで「ブラインドサッカー体験会」を実施。140名の方々に45分間の体験プログラムの中で、アイマスクをして相手の声を頼りに歩いたり、ボールを蹴ったり、目が見えない怖さとコミュニケーションの重要性を実感していただきました。当日は埼玉T.Wingsの加藤健人選手、菊島宙選手のプレーを間近で体験。実際の選手の凄さに驚きの声があがりました。
経済界協議会では呼び込みや受付など、体験会の運営をサポート。熊谷市にある立正大学の学生にもご協力いただき、大変盛り上がった体験会になりました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
東京ガス、NEC

協議会からの
参加者
5名
参考URL https://www.pref.saitama.lg.jp/spo-navi/approach/sportsfestival/spofes2017.html