• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ジャパンパラ競技大会 観戦

ジャパンパラ競技大会 観戦
ジャパンパラ競技大会 観戦

【WG2】

日時 2018年2月2日(金)・5月27日(日)・7月7日(土)・9月22日(土)
場所 菅平高原パインビークスキー場(長野県上田市)            千葉ポートアリーナ(千葉県千葉市)                 正田醤油スタジアム群馬(群馬県前橋市)               横浜国際プール(神奈川県横浜市)
主催 日本障がい者スポーツ協会
来場者数
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

障がい者スポーツの理解と普及を目的として、日本障がい者スポーツ協会が主催するジャパンパラ競技大会開催時に、〈みずほ〉社員に観戦を募り、会場にて団体観戦・応援を実施しました。

 

【大会名】

・ジャパンパラアルペンスキー競技大会

・ジャパンパラウィルチェアラグビー競技大会

・ジャパンパラ陸上競技大会

・ジャパンパラ水泳競技大会

 

各競技大会において、障がい者スポーツを観戦することが初めての社員が殆どで、障がい者スポーツのルール、観戦マナーなどを理解しました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

みずほフィナンシャルグループ

協議会からの
参加者
約260名
参考URL http://www.jsad.or.jp/japanpara/