• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ガールスカウト東京都連盟「6年生のつどい」でのボッチャ体験会

ガールスカウト東京都連盟「6年生のつどい」でのボッチャ体験会
ガールスカウト東京都連盟「6年生のつどい」でのボッチャ体験会

【WG②】

日時 2018年2月25日(日) 10:00~12:00
場所 高尾の森わくわくビレッジ(東京都八王子市)
主催 ガールスカウト東京都連盟
来場者数 70名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。
 

東京都連盟のガールスカウトの6年生(ジュニア)が技術の総仕上げをして中学生(シニア)に進級することを目的に行われる「2017年度6年生のつどい」において、パラリンピックに対する啓発活動の一環としてボッチャ体験会を実施しました。

 

他の体験イベントと比べて、ボッチャを体験したことがある児童が多かった点が特徴的でした。ボッチャ経験者も未体験の児童もチームで協力し、一緒に作戦を練って楽しみながらプレーしていました。
 
終了後は「もっとやってみたい」という感想が出るなど、ボッチャやパラスポーツに興味を持ってもらうきっかけを作ることができました。

 

さらに、ガールスカウトの東京都連盟や日本連盟の事務局のみなさんもボッチャ体験をご覧になって、競技としてのおもしろさはもちろん、チームでコミュニケーションをとって作戦を考える体験に非常に興味を持っていただき、今後のガールスカウトの活動に盛り込んではどうか、などの意見も挙がりました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
ANA、NEC

協議会からの
参加者
2名
参考URL http://www.girlscouts-tokyo.or.jp/