• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

オリンピック・パラリンピック教育「パラリンピック選手から学ぼう」

オリンピック・パラリンピック教育「パラリンピック選手から学ぼう」
オリンピック・パラリンピック教育「パラリンピック選手から学ぼう」

【WG②】

日時 2018年11月26日(月) 13:00~14:30
場所 市原市立姉崎中学校(千葉県市原市)
主催 市原市立姉崎中学校
来場者数 約350名(姉崎中学校生徒・市原市民)
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくるとともに、障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

東京2020パラリンピックに向けて、パラスポーツ(車椅子バスケットボール)に対する理解を深め、応援する機運を高める目的で開催しました。

 

経済界協議会からは、千脇選手(SMBC日興証券所属/リオ2016パラリンピック車いすバスケットボール日本代表)を派遣して、講演会と体験会を実施しました。

 

競技用車椅子のこぎ方やシュート体験等、積極的に体験会に参加して、大いに盛り上がりました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

SMBC日興証券、三井住友銀行

協議会からの
参加者
3名
参考URL