• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

みんなのスポーツ広場 in かなざわ でのボッチャ体験会

みんなのスポーツ広場 in かなざわ でのボッチャ体験会
みんなのスポーツ広場 in かなざわ でのボッチャ体験会

【WG②】

日時 2018年9月15日(土) 13:00~17:00
場所 金沢フォーラス(石川県金沢市)
主催 STAND、金沢市、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
来場者数 約800名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくるとともに、障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会顧問なども務める、NPO法人STANDの代表である伊藤数子氏が発起人となり、金沢市や経済界協議会とともに、市民のみなさんにパラスポーツの体験やアスリートとの交流をしていただくことを目的としたイベントが、9月15日に金沢駅前の金沢フォーラスにて開催されました。

 

オープニングセレモニーには、金沢市の山野市長や、馳浩衆議院議員が登壇。イベントのスタートを盛り上げました。

 

経済界協議会は、金沢フォーラス入口にてボッチャ体験会を実施しました。当日はあいにくの天候でしたが、それでも100名を超す多くの市民の方にご参加いただきました。

 

その他、車いすバスケの宮島徹也選手、3×3の川上航平選手もゲスト参加し、デモンストレーションや車いすバスケ体験を実施。こちらも多くの子どもが参加してくれました。

 

金沢市は、「スポーツで人とまちを元気にする」ことに積極的に取り組むことにより、活力と魅力のあるまちとしていくため、金沢市スポーツ文化推進条例を制定しており、障がい者スポーツの普及促進にも取り組むことをうたっています。今回のようなイベントを通じて、今後も金沢での障がい者スポーツの機運醸成に少しでも貢献できればと考えています。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

イオン、NEC

協議会からの
参加者
8名
参考URL