• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ながおか市民活動フェスタ ‘17 食育教室/ボッチャ体験会の実施

ながおか市民活動フェスタ ‘17 食育教室/ボッチャ体験会の実施
ながおか市民活動フェスタ ‘17 食育教室/ボッチャ体験会の実施

【WG①②】

日時 2017年9月9日(土) 10:00~15:00
場所 まちなかキャンパス長岡/アオーレ長岡
主催 長岡市/市民活動フェスタ実行委員会
来場者数 約5,000名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。
 

<概要>
「ながおか市民活動フェスタ」は、市民活動団体のみなさんが日頃の活動をPRする、年に一度のお祭りです。今回、経済界協議会は食育教室とボッチャ体験会でイベントを盛り上げました。

 

食育教室では、なるほどがいっぱい!みるく教室 『骨って大切!+わくわく体験!』と題して、小学生とその保護者向けイベントを実施しました。2回で43名の親子が参加。健康で大きなカラダになるヒミツをお話とクイズでみんなで楽しく考えました。「わくわく体験」では、牛乳とレモン果汁からレモンラッシーを作る体験をしていただきました。乳の変化に「わーっ!」という声が上がり、その後みんなでおいしくいただきました。

 

ボッチャ体験では、障がい者スポーツを気軽に楽しんでもらうことを目的に、実際にボッチャを体験できるコーナーを準備。子供からお年寄りまで、約230名の方にご参加いただきました。多くのお子さんが「ボッチャって楽しい!」と何度もチャレンジしてくれて、ボッチャのおもしろさを体感していただくことができました。また、障がいをお持ちの方にもご参加いただき、「生まれて初めてスポーツをやりました。とても楽しかったです」という感謝のお言葉をいただくことができました。

 
日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。−多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします!
 

<参加企業>
NEC、明治

協議会からの
参加者
5名
参考URL https://www.facebook.com/nagaoka.festa