• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

さいたま市から発信!2018~さいたまにオリンピックがやってくる~でのパラスポーツ体験会

さいたま市から発信!2018~さいたまにオリンピックがやってくる~でのパラスポーツ体験会
さいたま市から発信!2018~さいたまにオリンピックがやってくる~でのパラスポーツ体験会

【WG②】

日時 2018年10月7日(日)
場所 イオンモール浦和美園 (埼玉県さいたま市)
主催 さいたま市
来場者数 約300名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

さいたま市主催のオリパライベントが10月6日-8日の3日間、イオンモール浦和美園にて開催され、経済界協議会は、10月7日にパラリンピック競技のブラインドサッカーとボッチャの体験会を実施しました。

 

日本ブラインドサッカー協会様と合同で実施したブラインドサッカー体験は、アイマスクをした状態で、手をたたく音や人の声を頼りにボールの位置を確認したり、ゴールに向かってボールを蹴ったりする体験を実施しました。

 

ボッチャ体験は、体験用のミニコートで実際にボッチャをプレーしていただき、競技の面白さや奥深さを実体験していただきました。シンプルなルールなのでご家族みんなで一緒に楽しむことができ、何度も来てくださる方もいました。

 

さらに、さいたま市によるアスリートトークショーに出演された元プロサッカー選手の都築龍太さん、ブラインドサッカー元日本代表の葭原(よしはら)滋男さんが、経済界協議会のパラスポーツ体験コーナーにも参加され、多くの子どもたちとボッチャやブラインドサッカーを通じて交流していただきました。

 

サッカーの街浦和ということもあってか、参加者アンケートではボッチャよりもブラインドサッカーの認知度が高く、学校や市区町村のイベントでブラインドサッカーをやったことある方も多くいらっしゃいました。

 

いずれの体験も1日で300名近くの方にご参加いただき、多くの方にパラスポーツの楽しさを実感していただけたのではないかと思います。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

新和照明、大日本印刷、東武トップツアーズ、NEC、パナソニック、

パナソニック システムソリューションズ ジャパン

協議会からの
参加者
12名
参考URL