• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

さいたまスポーツフェスティバル2017でのボッチャ体験会

さいたまスポーツフェスティバル2017でのボッチャ体験会
さいたまスポーツフェスティバル2017でのボッチャ体験会

【WG②】

日時 2017年5月13日(土)・14日(日)
場所 さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ(さいたま市)
主催 さいたま市
来場者数 20,000名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

<概要>

5月13日(土)、14日(日)に、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで「さいたまスポーツフェスティバル2017」が開催されました。
両日ともに多くのアトラクション体験やスポーツ大会等のブースを出展しました。

 

【内容】
・オリンピック競技を含むアトラクション体験
・パラリンピック競技を含むアトラクション体験
・スポーツ大会の実施
・スポーツメーカーによる出展、スポーツグッズの販売

 

経済界協議会ではパラスポーツの体験ブースにて「ボッチャ体験会」を実施。
当日は障がいの有無に関わらず、子どもから大人まで幅広い年代の方々、252名が参加。「これまでボッチャを知らなかった」、「知ってはいたが、やったことがなかった」という参加者が多く、今回の体験会を通して、パラスポーツの楽しさ等を伝えるとともにパラスポーツを普及することに大きく貢献しました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
大日本印刷、TANAKA HD、東京ガス、NEC、パナソニック

 

協議会からの
参加者
13名
参考URL http://www.saitama-arena.co.jp/event/sportsfestival2017/