• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

かわさきスポーツパートナー・ボールゲームフェスタへのアスリート派遣

かわさきスポーツパートナー・ボールゲームフェスタへのアスリート派遣
かわさきスポーツパートナー・ボールゲームフェスタへのアスリート派遣

【WG②③】

日時 2017年8月21日(月)12:30〜16:00
場所 とどろきアリーナ(川崎市)
主催 川崎市
来場者数 小学1〜6年生 約200名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

川崎市に拠点を置く各企業の運動部、プロチームの選手たちが小学生と交流するイベントを開催。会場では野球、サッカー、アメフト、バレーボール、バスケットボールの体験会が行われ、子どもたちが選手・スタッフと一緒にスポーツを楽しみました。

 

経済界協議会からは、「心のバリアフリー」の普及を目的に、車いすバスケットボール体験会と車いす体験会を行い、子どもたちからは「腕が痛くなったけど楽しかった」「冷水機の水を飲むのが大変」「ロッカーの高いところは利用が難しい」といった感想があがっていました。また、地元メディアの取材も入りました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
NEC、パナソニック、富士通、LIXIL、リクルートホールディングス

協議会からの
参加者
9名
参考URL