• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

あすチャレ!school @弥彦小学校

【WG②】

日時 2018年2月14日(水) 14:00~15:30
場所 弥彦村立弥彦小学校
主催 日本財団パラリンピックサポートセンター
来場者数 220名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

パラリンピアンの講師が直接学校に赴き、パラスポーツの体験型授業を提供します。子供たちが実際に車いすバスケットボールを体験し、講師の講演を聞くことでパラスポーツの魅力を知り、「心のバリアフリー」のきっかけになることを目指しています。

 

■障がいとはなにか?
「障がい」とは「障がい者自身」が持つものではなく、社会に存在するものとする考え方や多様性を認め合うことの大切さを学ぶことができます。
 
■可能性に挑戦する勇気
「障がい」の有無に関係なく、すべての人が個々の可能性を持っていることに気づき、勇気を持って挑戦することの素晴らしさを学ぶことができます。
 
■他者のことを自分ごととして考える心
他者が抱える問題を自分のこと、同じ仲間のこととして捉える力を持つ大切さを学ぶことができます。
 
■「夢」や「目標」を持つ力
パラアスリートがアスリート生活を通じて経験してきた夢や目標を持つ価値と重要性について直接話を聞くことで肌で感じることができます。
 
日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。−多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします。

 

<参加企業(予定)>
NEC 他

協議会からの
参加者
参考URL https://www.parasapo.tokyo/asuchalle/school/#introduction