• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

「宮崎から世界へ挑戦!ワールドアスリート発掘・育成プロジェクト」2期生認定式でのアスリートによる講演

「宮崎から世界へ挑戦!ワールドアスリート発掘・育成プロジェクト」2期生認定式でのアスリートによる講演
「宮崎から世界へ挑戦!ワールドアスリート発掘・育成プロジェクト」2期生認定式でのアスリートによる講演

【WG①】

日時 2017年4月16日(日)15:00〜16:30
場所 KIRISHIMAツワブキ宮崎県武道館(宮崎市)
主催 宮崎県教育委員会
来場者数
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

「宮崎から世界へ挑戦!ワールドアスリート発掘・育成プロジェクト」2期生認定式にて、北京2008オリンピック400mリレー 銅メダルの塚原直貴選手による基調講演を実施しました。
 
・講演者:富士通 塚原直貴選手
 2008年 北京2008オリンピック400mリレー 銅メダル(1走)
・演題:「夢をかたちに」
 
ワールドアスリート発掘・育成プロジェクトの1期生・2期生98名とその保護者に向けて、「夢をかたちに」の演題で講演。動画を交え、北京オリンピックでの経験談をお話ししていただき、質疑応答では、たくさんの質問にお答えいただきました。さらに、終了後は記念撮影やサイン会を実施。銅メダルを多くの子どもたちに触っていただきました。

 

日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。−多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします!

 

<参加企業>
アシックス、富士通

協議会からの
参加者
3名
参考URL http://www.miyazakiken-taikyo.jp/