• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

「夏休み2017宿題・自由研究大作戦」でのボッチャ体験会

「夏休み2017宿題・自由研究大作戦」でのボッチャ体験会
「夏休み2017宿題・自由研究大作戦」でのボッチャ体験会

【WG②】

日時 2017年7月21日(金)~23日(日)
場所 東京ビッグサイト 東6ホール(江東区)
主催 一般社団法人日本能率協会
来場者数 20,000名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

<概要>

7月21日(金)~23日(日)の3日間、東京ビッグサイトで小学生と保護者向けのイベント「夏休み2017宿題・自由研究大作戦」が開催され、多くの親子連れで賑わいました。

 

<経済界協議会の取り組み>

経済界協議会として、7月23日(日)に、子ども向けの人権教育や高齢者体験等を実施する法務省人権擁護局のブースで「ボッチャ体験会」を行い、36名の子どもたちが参加しました。

 

ボッチャ体験会に参加した小学生全員が、ボッチャをやるのは初めてということで、参加者からは「ボールを近づけるのが難しかった」「自分のボールが白いボール(目標球)に当たって勝ててうれしかった」「テレビでは見たことがあったけど、体験できてよかった」等、様々な感想をいただきました。今回の体験会を通して子どもたちにパラスポーツの楽しさを伝えることができました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
NEC

協議会からの
参加者
1名
参考URL http://www.jma.or.jp/wakuwaku/index.html