• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

「ギリシャイヨルティ‘18」でのボッチャ体験会

「ギリシャイヨルティ‘18」でのボッチャ体験会
「ギリシャイヨルティ‘18」でのボッチャ体験会

【WG②】

日時 2018年3月24日(土)
場所 三郷市立ピアラシティ交流センター
主催 三郷市
来場者数 43名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

東京2020オリンピック・パラリンピックへの気運醸成に向け、三郷市とホストタウン関係にあるギリシャ共和国との文化交流イベントが、昨年に引き続き開催されました。経済界協議会は多くの方にパラリンピックスポーツを体験してもらうため、ボッチャ体験会を実施しました。

 

当日は高齢の方から小さなお子さん、車いすを利用しているお子さんと色々な方々が参加してくださり、ボッチャという競技が障がい者、健常者、老若男女、誰でも参加できるスポーツであるという事を体感できた貴重な会となりました。

 

青年会議所からのボランティアの方がボッチャサポーターの資格を持ち、体験会での経験も豊富な方々でしたので、参加者も楽しく体験をすることができました。
また、参加いただいたボッチャプレイヤーの方がランプ(勾配具)を持参してくださったお陰で、車いすの利用者も競技に参加できただけでなく、経験のあるボランティアも初めてランプでの競技を体験でき、ボランティアにとっても勉強になった体験会となりました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
オットーボック・ジャパン、NEC

協議会からの
参加者
2名
参考URL http://www.city.misato.lg.jp/8057.htm