Toward&Beyond2020

2020年とその先に、経済界は何をつくれるか。
その想いで、経済界協議会は設立されました。

先人たちがつくった1964年の東京オリンピックとその未来。
次は、私たちがひとつになって次世代のための未来をつくる番です。

   経団連・商工会議所・経済同友会を中心に全国の企業が自治体等と力をあわせ
ALL JAPANとなって東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と
その先の未来、レガシーをつくっていきます。

オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
最高顧問

御手洗 経団連名誉会長
岡村 日商・東商名誉会頭

常任顧問

榊原 経団連会長
三村 日商・東商会頭
小林 経済同友会代表幹事

会長

豊田 経団連 オリンピック・パラリンピック等推進委員長

委員

経団連副会長/日商・東商副会頭
経済同友会副代表幹事/主要スポンサー企業役員 など

経団連会員企業 日商・東商会員企業 経済同友会会員所属企業

連携・協力

政府 東京都・自治体 大会組織委員会

活動プログラム

ソフトレガシー(文化・ムーブメント)と、ハードレガシー(科学技術・イノベーション)をテーマに、
各種プログラムを推進・展開しています。

ソフトレガシー(文化・ムーブメント)

アプローチ
地方自治体、地方企業との
新たな連携の枠組みを提案し、全国への波及をはかる

▼

活動ゴール
①オリンピック・パラリンピックムーブメントの創出
②復興五輪の後押し

ハードレガシー(科学技術・イノベーション)

アプローチ
2020年をターゲットに、最先端技術の実装に向け、
技術課題の明確化と産学官連携の枠組み作りをはかる

▼

活動ゴール
①技術立国日本の発信
②課題先進国としての新しい価値観、社会像の実現

パンフレットダウンロード

経済界協議会は文化・ムーブメント分野のソフトレガシーと
科学技術・イノベーション分野のハードレガシーをつくっていきます。

Toward&Beyond2020 ソフトレガシー(文化・ムーブメント編)

ソフトレガシー(文化・ムーブメント編)
<PDFデータ/80P/2.1MB>

DOWNLOAD
Toward&Beyond2020 ハードレガシー(科学技術・イノベーション編)

ハードレガシー(科学技術・イノベーション編)
<PDFデータ/44P/3.2MB>

DOWNLOAD